アメリカヤ(3)

星野氏の福祉活動。

星野氏は人のためになることをするのが大好きで、ガードレール作り、車椅子寄付、交通安全に現金100万円寄付、自動車寄付等を何度も行っており、その関連の表彰状が80枚。

山梨県知事とのツーショット(左の写真)や、岸信介首相や、佐藤蔵相(のちの総理)と一緒の車に乗っている写真も飾られていた。県知事の方は、平成に入ってから2回もツーショット。

この方、タダモノじゃないよ、ホント!

店内に山梨日日新聞が星野氏のために作ってくれた銅板エッチングの新聞記事(93/2/27)があった。

それによると、星野氏はこの時点で総額1640万円の寄付を行っていたらしい。その原動力になったのが、78年の奥さんの突然死(病院相手に医療訴訟8年間)と、89年の自分の入院(11日間)。寝たきりや車椅子の人を見て、今まで行っていた寄付活動をずっと続けよう、と決意したとのこと。

きょろきょろしていたら、

「人生は長さではない 何をしたかだ」

「死して不朽の名を」

と書かれた色紙を発見。これ、星野氏の自筆らしい。いいこと言ってるな。

料理のメニューはカレー600円、ラーメン450円、肉丼450円等、ごく普通の定食屋。私はカレーを注文した。

専門店ではないので、ごく平均的な味である。

話の種と、写真撮影のネタは尽きず、カレーを食いながら、あっちうろうろ、こっちをちょろちょろ(行儀悪い)。

ご主人とおばさん(娘さん?)がアウトライダー誌の記事を見たことがない、というので、バイクに取りに行って見せたら、リョウタローさんの写真を見て、「こんな人来たっけ?」。リョウタローさん、覚えられてないですよ〜。

私は、自分の住所と名前書いてきた。ご主人が「年賀状を出したい」と言うので。

最後にトイレに入ったら、ここもまた、デコレーションだらけ・・・。

女性用トイレにエロ写真の洪水はまいったなぁ(笑笑)

あ、そうか、男性も大する時は使うのか、ここ。

アメリカヤの方は、インターネットをやっていないそうなので、「私のHPに出してもいいですか?」ときいたら、OKが出た。「どんどん宣伝して下さい」とのことで、信玄餅8個入りのおみやげまでいただいた。実は、さっき、道の駅でこれと同じの2個買ったんだよね。でも、好物だからいいか。(持ち帰ったら、家族で取り合いになり、各自の職場等であっという間にはけました。。。)

→続きはここをクリック

→「アメリカヤ(2)」に戻る