路肩のチェンソーアート

静岡市内から梅ケ島温泉に向かう県道29号沿いの空き地に、トーテムポールを発見しました。
けっこうな迫力です。

実はこれ、「チェンソーアート」だそうです。

チェンソーを使い、丸太から作品を切り出していくのです。

最近、愛知県東栄町で「第一回全日本チェンソーアート競技大会」がありました。友人が見に行ったそうなので、「GOROさんという方、出てませんでしたか?」と質問したら、「名簿には無さそうだ」とのことでした。

↑他の作品もあり、こんな感じでした。

どうして、この作品群が空き地に並べてあったのか、わかりませんが、面白かったです。