富士天声村(1)

富士市に、「足裏診断」で問題になった「法の華三法行」の施設があって、いわゆる「珍寺」であるという情報をきいたので、見に行くことにした。

朝霧高原から西富士道路に入り、広見ICで降り、岳陽中学の西側の路地裏をトコトコ走っていくと、あたりの雰囲気(畑に点在する住宅地)にそぐわない異様な建物が!ああ、これだこれだ。

近くに駐車スペースが無かったので、日曜休みの会社の門にぴたりとつける形でバイクを止め、「天声村」見学を始めた。やたら高くてゴージャスな(あるいは悪趣味な)柵の写真を撮っていたら、通りがかった車の人が、「あっちの正門の前で写真撮った方がいい。中には入れないけど」と声をかけてきた。

どうやら、このへん、私のような野次馬が頻繁に訪れるようだ(笑)

これが正門。

金ぴかで似非ゴージャスな雰囲気を醸し出している。

福永法源(教祖様・・・だよな?)って、悪趣味!

門に十字架。

法の華三法行ってキリスト教の一種か?(笑)

正統なキリスト教の人が見たら、「冒涜だ!」と叫びそう。

柵の間から覗くと建物は立派(あるいは悪趣味)だが、駐車場は草ボーボー。門に貼られた貼り紙には、「告示 破産者 法の華 三法行 右の者に対し平成13年3月29日 東京地方裁判所において破産宣告がされ、当職が破産管財人に選任されました・・・」とあるので、信者も追い立てくらって、現在は無人らしい。

しっかし、そそるなぁ。この建物と噴水の趣味。

噴水の象頭って、オウムがマスコットにしちゃったガネーシャか?

門の柵の間からカメラのレンズをつっこんで写真を撮っていたら、今度は農家のオバチャンが現れた。目があったら話しかけてきたので、また、情報収集。

オバチャンの話では、昔はこの施設、法の華の関係者が大型バスで乗りつけてきたりして、にぎやかだったらしい。一般の人も参加できるお祭りもあったとか。現在では、取り壊しが始まっており、上の方の区画で、植木が撤去されているとか・・・。

オバチャンに礼を言い、また、撮影続行。

道路の東側に、出入り自由の敷地があったので、入ってみた。

まず、入り口に金閣寺そっくりの建物があった。今は止まっているが、建物の足元にある池に噴水もあったようだ。説明看板を見る。

般若天行館 空海の家 遥か千年の昔、海を渡り山河を越え、密教の道をきわめた弘法大師・空海。人間として生きる道、そして人生の素晴らしさを説き、人々の幸福に思いを馳せ続けた空海の願いは「般若心経」として大成されました。空海の伝えた「般若心経」は宇宙そのものをみごとに表現しましたが、宇宙の意志を確認し、宇宙の法則に調和した「般若天力」と融合して世紀末を目前にしたいま、時空を越えて現在に蘇ったのです。空海の示した「三密の行」は「天行力三法行」として万民を救済する最後の願いへと具現し、空海の"観い"とともに「般若天行館・空海の家」となり建立されたのです。1998年3月21日竣成」

・・・なんか、支離滅裂、意味不明。

建物の脇の植木は重機で掘り返され、なぎ倒されていた。あともう少し、行くのが遅かったら、何も残っていなかったかもしれない・・・。

→続きはここをクリック