博石館(2)

宝石探しコーナー。

初心者コース500円。

30分で、川砂の中にまぎれた宝石(くず石だけど)を探すだけ。観光金山の砂金取りコーナーをちょっと簡単にしただけなんだけど、虎目石、アメジスト、ローズクオーツ、アマゾナイト、ロッククリスタル、人工ダイヤ、ラピスラズリ等、色が綺麗なので、楽しかった。係のおばちゃんが、時々、大物を投げ込んでいくのを子供と取り合いになっちゃったりして(おとなげない。。。)

上級者コース1000円。

こっちの石はカッティングされていて、すぐ、指輪やペンダントに加工できるもの。

皆さん、長靴履いて、泥だらけになって、本気で石を拾っていた。

敷地の一角は、森の小径になっていた。

各小屋は、絵手紙の博物館、焼き物の博物館、石の楽器(なんだいこりゃあ?)の博物館などになっていた。

前ニ者は石と関係なし。

社長の趣味の博物館か?

便器とトイレの博物館「蘊蓄館(うんちくかん)」。

ゴージャスな中国の便器、動物の糞などが展示されていた。

写真は、世界最大級の恐竜の糞化石。「さわると運がつく」って・・・。

番外。

博物館の敷地・なぜかブタが放し飼い。どうして??

まさか、レストランの豚肉料理用・・・?(笑)

石のポストもあった。

ポストマニアが見たら、喜びそうだ。

博石館には、1500円の「ねころびのもり」という温泉施設も併設。

「石と健康」のテーマパークらしいけど、今日はパス。

時間ないしね〜。

→「博石館(1)」に戻る