宝剣岳登山(1)

昨年、友人が信州ツーリングのついでに、宝剣岳に登り、「ハードだけど、よかった」と言っていたので、私も宝剣岳に行くことにした。

山マニアの母にきいたら、夏の宝剣は非常に混雑するので、始発のバスに乗った方がいい、とのこと。駒ヶ根市役所と中央アルプス観光に問い合わせたら、始発のバスは、7/19が7時、7/20が5時だそう。7/19に行くとしても、朝6時にはバス乗り場に着いて、順番取りした方がいいらしい・・・。ということで、また、徹夜走行になった。一人で行く予定だったが、ダメモトで、最近山歩きを始めたIちゃんを誘ったら、一緒に行こう、という話になり、夜中の1時半に談合坂で待ち合わせ。

7/18(水)、仕事があがってから、速攻で準備し、0時に出発。途中で雨がパラついてきたので、レインウェアを着、0時20分に調布ICから中央道に乗り、ちんたら走っていたら、後ろから来たバイクに抜かれた。Iちゃんじゃないのか?追っかけていって、後ろからナンバープレート確認したら、やっぱり彼女だった。というわけで、序盤から抜きつ抜かれつ走り、談合坂到着は1時ジャスト。徹夜走行は、同行者と睡眠時間のタイミングが合わないときついものがあるが、Iちゃんとの間で問題はなく、双葉SA(2時半)、諏訪湖SA(4時)で、雑談、仮眠、食事を繰り返し、5時に駒ヶ根ICに到着した。

天候は曇りで、山は上の方が雲の中。大丈夫かな?

↓が宝剣岳のあるあたり・・・。見えません。

コンビニで朝飯食べて、食料、飲料水を調達した後、大駐車場に直行した。

朝6時だというのに、数十人の人が来ていて、バス乗り場に行列を作っていた。そのうち、切符売り場の方にも行列ができたので、Iちゃんと手分けして、バス座席の順番取りと、切符取り、両方同時に実行。二人で来てよかったなぁ。料金は、菅の平大駐車場(バス)しらび平(ロープウェイ)千畳敷が1900円×2、バイク駐車料金が150円。

ロープウェイに関する問い合わせ;
中央アルプス観光 0265-83-3107
駒ヶ根市役所;0265-83-2111
バスは大駐車場からしらび平まで約50分、ロープウェイは約10分。
一応、夏時間、冬時間等は決まっているが、直前に臨時便が増発されることもあるので、問い合わせた方がいい。

7時発のバスに乗ったら、爆睡。きついカーブの多い道なので、この方が酔わないのだ。
7時50分のロープウェイの始発(臨時便)には乗り損ねたが、8時の便で
千畳敷に上がることができた。

案外天気はそれほど悪くなく、下の駒ヶ根市街(絶景!)がよく見えた。

←上の方も、雲が切れたりかかったり・・・なんとかなりそうだ。

タイミングがいいと、ガスが切れて、カールの全景がよく見える。

高山植物も咲いていて、いいね♪

というわけで、登山開始。

千畳敷ホテルから徒歩5分のところに雪渓が残っていた。

このあたり、冬場に雪崩で遭難者が出たところ・・・雪の深い場所だ。

最初の平地は問題なかったが、八丁坂にさしかかった途端、体力のない私はハアハアゼイゼイ・・・。ただ息切れするだけじゃなくて、酸欠で頭がフラフラする〜。いきなり、標高2500mオーバーはつらいわ。無理すると、貧血ぶっ倒れは必須だな。

最近、山歩きで鍛えているIちゃんは、「荒川さん、大丈夫〜??」余裕ぶっこき状態。。。

道がきつくて三点支持体勢になるのって、宝剣山頂だけの筈じゃなかったの?足場は悪いし、段差はあるしで、手まで使ってちょっと登っては小休止を繰り返す。

1時間かけて、宝剣山荘のある広場にたどりついた。案内板を見たら、「所用40分」だって。無理だよ、そんなの(笑)

この広場、駒ヶ岳方面から中学生の団体さんが降りてきて、大混雑。

疲れた〜と言いながら、うろうろしていたら、登山ベテランふうのおばちゃん集団に手のひらいっぱいのブルーベリーの実をもらったので、Iちゃんと食べた(ほとんど私が一人で食ったという噂もある)。

この建物は宝剣山荘

晴れていると赤い屋根が青空にはえて綺麗なんだけどな。

こちらは駒ヶ岳(手前の中岳かも?)。

このルートはそんなに道がきつくないらしい(母・談)。

で、私たちが登ろうとしているのは、ガスに見え隠れしている宝剣岳

岩山です!


→続きはここをクリック