女木島(1)

高松市のすぐ沖に浮かぶ女木島には、鬼が島伝説があり、山の上の洞窟が鬼の人形だらけの観光スポットになっているらしい。B級臭いので、見に行くことにした。

女木島にバイクを持っていくかどうか迷ったのだが、船と接続している大洞窟行きのバスがあるときいたので、バイクは高松港に置いて鬼の絵の描いた「めおん2」に乗船。片道360円、15分の船旅で女木島に着いた。

行きは客の数が少なかったので、手前のマイクロバス(300円)に乗って、山の上の大洞窟へ。

(ちなみに、帰りは、奥の大型バスだった。)

狭いくねくねした山道のところどころに、ファンシーな鬼の像が立っていた。

洞窟前でバスを降りると、こんな看板が。

ん〜、ちょっと色あせているかな。

これなんか、もっと、朽ちてます!

錆ういてるし、絵も貧相だし!!

人形も全部で3体あった。

けっこうリアル系。顔立ちも濃い。

→続きはここをクリック