懐かしいおもちゃの館(2)

レインボーマン。

一番メジャーなやつじゃなくて、変身の一形態。

何だったか、名前忘れたけど。

と、書いたら、大河原さんから、さっそく、

「これはレインボーマンではなくて、コンドールマンです」という指摘がありました。

失礼しました〜(汗)

宇宙猿人ゴリ、マグマ大使のゴア、ピラザウルス、蜘蛛男、さそり男。右前、仮面ライダーの怪人?何? にぎやか。

こちらはヒーロー勢揃い。

シルバー仮面、電人ザボーガー、流星人間ゾーン、ウルトラセブン、超人バロム1。

(間違っていたら、ごめんなさい)

各パーツ、こんなに並べてどうするの??

とにかく、ソフビ人形の品揃えがすごかった。高山市内のコレクターの方らしいが、集中して集めたんだろうな。

これだけでも見に来た価値があった。

ソフビ人形以外の展示品もなかなか(笑)

仮面ライダーの椅子。

この商品も私、初めて見たんだけど、顔の赤い1号、2号ライダーはいません。

やっぱり、ライダーの椅子は緑でないと。

ハイジの輪投げ。

シュールです!

怖いっす!

キャラクターもの以外の展示品も実は充実していた。

ゾウのサトちゃん、ヒタチのキドカラーのオオハシ等と一緒に展示されていたビクターの犬

店頭に飾られていたものをもらってきたんだね。

カルピスのホーロー看板。

これ、黒人差別ってことで、使われなくなったんだよな。

私は傑作だと思うのだが、チビクロサンボと同じで、難しい問題。

この看板の星製薬って、SF作家の星新一(故人)のお父さんが社長をやっていた会社じゃないか?

こんなものまで、コレクションしているとは、脱帽です〜。

ところで、冒頭に出てきた「荒川家住宅」というのは、寛政8年(1796年)に作られた名主の家。この家の関係者がコレクションしたのかと思ったら、関係ないそうです・・・。

★後日、このコレクターが高山市在住の文助さんという方だということが判明しました(「文助さんの館」レポート)。また、2005〜6年頃、荒川家住宅から文助さんのコレクションが引き上げられ、現在、こちらでは玩具の展示は行っていないとのことです。引き上げられた展示品は高山昭和館に移動した可能性が高いです。

●荒川家住宅、懐かしいおもちゃの館
岐阜県大野郡丹生川村大谷141、0577-78-1558
9時〜16時、水休、12/29〜3/1休、500円

→「懐かしいおもちゃの館(1)」に戻る

 

2010年に荒川家住宅に問い合わせたら、「懐かしいおもちゃの館は4〜5年前に展示品が引き上げられたそうです」とのことでした。展示物は「高山昭和館」に移動した可能性がありますが、正確なところは不明です。