里見牧場周辺

(01/04/29調査)

a)黒坂線--堅破山(けんぱさん)へのルート。4.2キロの大半がダート。一部、段差、溝あり。米平側、舗装工事中。

b)米平BSのすぐ先の道を左折、1.4キロ先を右折してダートに入る(ウサギの火の用心の看板が目印)。ダート5.5キロ。途中に紛らわしい支線が一本ある。峠越えだが、視界は開けず。R461側からの入り口は里見村と高萩市の境。

c)b林道を出て、高萩側に300m下った所が入り口。峠までが路面崩壊、岩盤露出でかなり荒れており、4輪での通行は困難。dとの分岐までダート1.8キロ。そこから先、1.2キロ(うちダート500m)でR461に出る。

d)村道 笛の平入り口線--cから分岐。看板あり。入って200m先の分岐は右に上がる(左はf)。その先1.8キロの開けた場所のY字は左(右行き止まり)。生田入線とつながっている。全長2.8キロ。全部ダート。

e)生田入2号支線--ダート0.7キロ。行き止まり。

f)gとdをつなぐ。g側からは、舗装とダートの境付近の急坂を上がるとf。ダート3.1キロ。途中、まぎらわしい支線あり。

g)生田入線--R349側からは生田のBSが目印。8.4キロ中、ダートは県道245号側の4キロ。

h)生田入1号線--ダート1キロ。行き止まり。

i)高野地線--ダート3.6キロ。行き止まり。

j)上田代第二線--ダート1.7キロ。一回左折で「プラトー里見1.1キロ」の看板のある道に抜ける。

k)渕の上線(君田線)--ほぼ全線ダートの5.9キロ。柳沢西線、南線等、分岐多数。

o)七ツ滝柳沢線--4月半ばにチームで走った。急坂ヘアピン倒木線。展望まずまず。

p)花園線+大金田線--同上。こちらも急坂ヘアピン。荒れている。

このエリア、一部の林道(o)を覗いて展望が悪く、距離も短め。福島の友人は「つまらない」というけど、東京人にはこれでも貴重なダートです・・・。