鹿肉料理の匠亭

R20・茅野市街地から富士見方面に走っていくと、妙に気になる鹿の横顔の看板が立っている。

看板の前を通るたびに気になるので、98年の10月、とうとうこの店に入った。

それから、匠亭は、私の行きつけの店になってしまった。

この店のどこがそんなに気に入ったのかというと、まず、建物。

こだわりのログハウス

店内には鹿の剥製が飾ってある。

店のドアにも、鹿の角が二本、生えている。

実は、料理に使う鹿肉は、オーナー自らしとめたものである。

また、キノコやブルーベリー等も独自のルートで調達しているそうである。

餃子や刺身も美味しいけれど、定番はやっぱり、鹿肉のカレーでしょう!

「鹿肉とキノコのカレー」もいいが、今回は、「鹿肉とブルーベリーのカレー」を注文した。

春先に来た時はたまたま品切れで食べられなかったので、リベンジというわけ。今回は採れたばかりのブルーベリー大量入荷ということでOK。サラダとコーヒーつきで1000円、値段も納得。味も◎。

●匠亭
長野県茅野市金沢2149-1、0266-73-4862、R20沿い、青柳駅の西側
火休、12〜14時半、18〜22時頃
鹿肉とキノコのカレーセット1000円、鹿肉シチューセット(11〜3月)1200円、鹿肉のハンターステーキセット1800円、鹿肉の餃子400円、刺身800円、唐揚げ900円、ラーメン450円、野菜炒め定食700円、チャーハン600円、ミートソーススパゲッティ750円、ブルーベリージュース500円、ブレンドコーヒー350円など
公式サイト