鳥居観音(1)

珍寺・鳥居観音に行ってきた。

入り口の案内盤で見ると、山の上の大観音まで車道がついている。「徒歩40分200円、バイク300円、普通車500円10分」。だったら、徒歩でなくて、バイクで上がった方が得でしょう!

この日は平日。料金所に人がおらず、ゲートがあきっぱなし。金の払いようがないので、そのまま登っていったが、この道がひどい!すべり止めつきのコンクリ簡易舗装だが、路面にはコケが生え、急坂のボコボコ路面。途中でブレーキかけて止まると、バイクが一瞬後ろにずり落ちる(汗) セローで来てよかった〜。

【トーテンポール】

最初に登場するのが、「白雲山観音パラダイス」と書かれた「トーテンポール」

風神・雷神ですか、これ?

色が派手です。

玉華門

昭和43年建築のこの門、中国趣味入ってる。

内側に、鳥居観音のオーナー(?)の平沼氏の経歴について、書いてあった。

波瀾万丈の方のようだ。

門の狛犬(?)

東南アジア系?

【大鐘楼】

ヘアピンカーブの途中にあった、この鐘楼は、施錠されていなかったので、中の螺旋階段で2階に上がれた。

で、2階は、龍と天女の彫刻に取り囲まれていた。

怪気炎を吐く龍??

→続きはここをクリック