休業中の山田ちょんまげ村(1)

佐原水郷の結婚式の帰り、「山田町というところに、「山田ちょんまげ村」というあやしげな観光施設がある」と2年くらい前に雑誌(「GON!」だったかな?)に出ていたのを思い出し、ちょっと立ち寄って見ることにした。

たしか、銚子行きの長距離バス停がどうのこうの・・・という記述だったと思ったので、東総道路の入り口あたりを探したら、どんぴしゃ!県道70号沿いの銚子行きの長距離バスの停留所脇(山田BS)に「ちょんまげ村」を発見した。

↑道路に面して林立する看板群。やたら、「ぼけ」の文字が目立つ↑

この「山田ちょんまげ村」、実は休業中。

閉鎖された正門ゲート。

「ぼけ」看板撤去しろ〜。

異様だぞ。

どうして大量の看板群が撤去されていないのか気になったが。

「経営者募集」ってことは、また、同じ企画で施設を運営して下さいってことか??

この不景気にそれは難しいと思うが。

敷地内の「株式会社 山動 山田支店」もつぶれていた。

ちょんまげ村を運営していた会社だったのかな??

「愛の花咲くバス停茶屋」て・・・。ただの屋根付きバス停じゃん。なんでも「茶屋」にすればいいものではないと思うが。

→続きはここをクリック